カラミざかり番外編2 竹内先輩と部室 ネタバレ無料2

「貴史くん。もっとして」

 

 

「ぅっ、うん」

 

 

そういうと貴史は竹内先輩のアソコに指を入れた。

 

 

 

ぐちゅ、くちゅくちゅ、ぐちゃ。

 

部室内に水音が響く。

 

 

ねっとりとしたその水音はいやらしい香りも充満させた。

 

 

 

 

 

 

「ひゃっ……あぁ、そ、そこ、もっとぉ」

 

 

清楚そうな竹内先輩だが、実はかなりの淫乱のようだ。

 

 

自分から求めてくる。

 

 

 

そして貴史は肉棒を放り出し、
竹内先輩の口元の置いた。

 

 

いきり立った肉棒

 

 

先端からはお汁が出ている。

 

 

 

その汁をペロッと舐めてから
竹内先輩は大きな棒をあむりと頬張った。

 

 

硬くなった棒は馬の筋肉のように隆々になっている。
血管が太くなり、亀頭はカチカチになっている。

 

 

その肉棒をいやらしく舐め回す竹内先輩

 

 

貴史は我慢できなくなり、
射精の準備をする。

 

 

 

そして竹内先輩のお口の中で
ドビュっと大量の精子を出した。

 

 

 

一瞬きつそうな顔をする竹内先輩だが
貴史の精子をゴクリと飲み込んだ。

 

 

 

「私もイキたい」

 

 

そうささやく先輩

 

 

貴史はまた勃起したアレを
竹内先輩のアソコにズブリと差し込んだ。

 

 

 

「貴史くん、あぁっ、イっ……イッちゃうぅっ、〜〜〜〜〜っ!」

 

 

 

竹内先輩は動物のように痙攣して果てた。

 

 

 

ブックライブ

カラミざかり番外編2〜竹内先輩と部室〜はブックライブで先行配信されています。

 

今すぐ読みたい方はブックライブで読んでみてください。
ブックライブでは割引クーポンが発行されているのでお得に読むことができます。

 

\半額で読めるよ!/

割引クーポン発行中